就職 面接 ノウハウガイド

就職時の面接

準備をしておくことが大事

就職面接では、企業に自分がどんな人間であり、どのような能力があって、どのような人柄であるかを理解して貰い、一緒にはたらきたいと感じて貰う必要があります。

就職面接では、会社が自分に魅力を感じてくれるような魅力的な自己PRと、自分がどんなことに興味をもち、どんなところに魅かれたので働きたいと感じているかを志望動機でアピールしていく必要があります。この会社で無くてはならないという志望動機を、しっかりと訴える事が出来れば、企業も自分を必要としてくれるでしょう。

しかし、単純に働きたいという事だけでなく、企業が一緒に働きたいと思ってもらうには、自己分析や会社研究を行っていき、試行錯誤や模擬面接での失敗を繰り返し行っていく必要があります。このような就職面接を対策する為に、多くの面接マニュアル本が市販されていますが、面接マニュアル本を頼ってしまいますが、面接マニュアル本を暗記した受け答えでは、本当の応募者の答えでないので、面接管には見抜かれてしまい、評価されなくなってしまいます。

面接マニュアルを暗記して使用するのはよくありませんが、面接マニュアルを参考にして、より魅力的な受け答えができるようにするのは、就職面接では重要な事です。面接マニュアルを暗記するのではなく、どのように自己分析を勧めていけばいいのか、どう考えて答えればよいのかを考えるヒントとして利用するのは、問題ありません。

なぜその会社でなくてはならないのか、自分はどんな人間性であるかを、上手く自己PRしたり志望動機として伝える事ができれば、きっと就職面接で高く評価して貰えます。ただ、就職面接では、面接での受け答えの他に、姿勢や態度などでも、人間性を評価しています。

どんなに面接での受け答えがよくても、着ているスーツがよれよれであったり、面接の待合室では他の候補者とのおしゃべりがうるさかったら、評価にはつながりません。就職面接でよい評価を得られる為にも、就職面接の準備をしっかりと行っておきましょう。

このサイトについて
就職面接の準備
就職面接の対策
就職面接の種類
就職面接の注意
就職面接マナー
よくされる就職面接の質問
大手就職サイト
中小就職サイト
Copyright (C) 就職 面接 ノウハウガイド All Rights Reserved